ティッシュがある

2歳の息子が水を呑みたがったのでコップに入れて与えました。

我々は夕飯の準備をしていたのですが、4歳こどもが「○○君が水こぼしたー!」というので行くといったカーペットが濡れていて、その上にびちょびちょのティッシュの集まりが置いてありました。

どうしてこんなところにティッシュがあるのかときわからなかったのですが、ひょっとしたら息子が自分で水を拭こうとしたのではないかと思いました。

息子に「自分でお水拭こうとしたの?」といった尋ねたらコクンってうなずきました。

2歳なりにしまった!何とかしなきゃ!としてティッシュで拭いたのでしょうね。

まぁ、ティッシュ1枚ほどじゃ取り去りきれない容量の水でしたが、一所懸命拭いてる息子の持ち味を思い浮かべるといったいじらしくてかわいらしくて胸がきゅーんとなりました。

下の方だから水こぼしても「自分で拭こうとするなんて美しい♪」というブランクがありますが、これが上の方2歳のときだったら「ティッシュで拭いたって拭きとれないでしょ!」って怒っていたかもしれませんね。

養育するにはもちろんブランクが必要ですね。ブランクがあれば乳幼児の誤りもおおらかな気持ちで受け止められますが、手狭って思わずイライラして小さなことでも怒ってしまう。
春日部の全身脱毛の口コミをチェックしよう