鍋を食べながら

前日は、久々の休日。

わたしの仲良したちが、建物に遊戯にきてくれました。わたしが作った鍋を食べながら、ビールや我が国酒を呑みながら、色んな対話をしました。

とっても楽しくて、あっという間の歳月でした。これ程おもしろいのも、考慮のない関連だからだ。

みんながそのままなんですよね。背伸びせず、偽ろうってせず、辛抱せず、利用しようとも、何かを隠そうともしていない、

お互いが、そのままを出そうとし、そのままを受け入れようとする。ですから明るいんですよね。かつてのわたしは、ありのままのあたいを、さらけ出すことができませんでした。

「みんなに好かれたい」「嫌われたくない」としていたんですよね。

けれどもこれはもったいない。自分の暮しを歩んでいるとは言えない。

相手に合わせているうちに、自分らしさといったものが分からなくなっていくんですよね。

それだけでなく、あたいと見合う方々という越すための、時間も失っていくのです。

「みんなに好かれる状況なんて無茶」「みんなに好かれることをやめよう」

こう考えたまま、ヒューマンはありのままのあたいをさらけ出せるし、自然と、あたいと気の見合う人たちが引き寄せられて現れるのだと思います。

ありのままのあたいを受け入れて得るみんなにサンキュー。
出会い系を石川使うならアプリが熱いらしい